ここは神奈川県立こども医療センターの国際小児がんデー特設サイトです。

215からスタート、531日まで公開予定です。

小児がんのお子さん・ご家族へのたくさんの応援団のご紹介、小児がんについての理解を深める「すごろく」のページなど盛りだくさんです! 

どうぞご覧ください。

 

 

☆彡病院スタッフの手作りサイトですのでお見苦しい点も多々あると思いますが、ご容赦ください。

でも予想外に好評でしたら公開期間の延長を行いたいと思いますので、拡散をお願いします!

皆様からいただいた応援メッセージを

掲載いたします!


 

News

・2022年2月15日 このホームページを公開しました!

・2月18日 お待たせしました! フットサルリボンの動画が更新されました。

・2月21日 応援ダンス動画・応援メッセージのご投稿が増えています。ご投稿いただいた皆様ありがとうございます!

・2月26日 閲覧回数が2000回を突破しました!

・2月28日 応援団が増えました! (株式会社 タウンニュース社様)

・3月9日 応援団が増えました! (STNAD UP!! 様)

・3月9日 応援団の「ちあふぁみ!」の活動がyahooニュースに取り上げられました!(ここからリンクできます)

・3月11日 応援団が増えました! (アフラック生命保険株式会社 様)

・3月14日 「みんなで応援ダンス」の第1回編集が終わり、投稿していただいた動画を使ったダンスリレーを公開しました。

・4月25日 3月末日までの公開予定でしたが、いただいたメッセージの掲載の準備が整い次第、その公開に切り替える予定です。今しばらくお待ちください。

・4月26日 すごろくページでご応募いただいた皆様 

厳正な抽選の結果、10名の方々がAmazon様ご提供のギフトカードにご当選されました。

後日、郵送させていただきます。なお、ご当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

・5月23日 皆様からいただいたメッセージを掲載させていただきました。たくさんの暖かいメッセージありがとうございました。


メニュー

すごろく

小児がんを知っていただくために、すごろくを用意しました。

キーワードを集めると、素敵なプレゼントが当たります!


小児がんとは

小児がんのこと、知ってください!

神奈川県立こども医療センター病院長 後藤裕明医師による解説です。


小児がんセンター

神奈川県立こども医療センターでは小児がんセンターを設置し、各職種が連携して小児がんのお子さんたちを守っています。


みんなで応援ダンスを投稿しよう!

「踊ることは誰かと繋がること」

私たちのダンスによる応援動画を見て、あなたも一緒に踊ってみませんか?

動画は一旦募集を締め切って編集しましたが、投稿サイトはオープンしておきます。の間に合わなかった方、やっぱり踊りたくなってきた方はぜひご投稿ください。第2弾のコラボ動画で掲載させていただきます。




応援団からの

メッセージ

各応援団のバナーをクリックすると、より詳しい情報が見られます!

応援団長からのスーパースペシャルメッセージ!

応援団長である神奈川県立こども医療センター総長 町田治郎が、ちょっと変わった方法でメッセージをお伝えします。ぜひご覧ください!


レモネードの会

みんなのレモネードの会は小児がん患児家族の立場から「小児がんのことをもっと知ってほしい」、「患児や患児家族でつながりたい」と小児がん啓発活動、患児やその家族の交流会(オンライン)などを開催しています。


がんの子どもを守る会

公益財団法人がんの子どもを守る会は1968年に設立された小児がん患児家族会です。

ソーシャルワーカーによる個別相談や療養費の援助事業、ご家族の交流会や宿泊施設の運営等をおこなっています。


スマイルオブキッズ

小児がんの治療をがんばるお子さん、支えるご家族が少しでもホッとする時間を過ごせますように。ご家族のための滞在施設「リラのいえ」と「きょうだい児預かり保育室」を運営しています。いつでもご連絡くださいね。



ちあふぁみ!

ちあふぁみ!は子どもや家族の「何もいらない、ただ、ふつうに過ごしたい。」の願いに、少しでも応えることができるように、同じ地域に暮らす人たちとともに応援団となって、得意分野で子どもと家族をサポートします。


横浜こどもホスピスプロジェクト

いつもたくさんがんばっている小児がんのお子さんとご家族のみなさま。

うみとそらのおうちで、おもいっきり遊んで学んで、ほっと一息ついてみませんか?

私たちはいつでも、うみとそらのおうちで待っています


神奈川県赤十字 血液センター

献血してくださる方を集め、小児がん等の治療で必要となる「血液製剤」を毎日医療機関へお届けしています。ホームページでは輸血を受けた患者さんやそのご家族の声も募集・紹介しています。


STEPS for Children

こんにちは!STEPS for childrenです!

皆さんに楽しんでもらうためにダンス動画を作りました!コロナ禍で直接会えなくても、人との繋がりはなくなりません。1人が踊り、もう1人、そしてまたもう1人、とダンスを通じて人と人が繋がっていけば、思いがけない大きな化学反応が起こると信じています。一緒に楽しく踊りましょう!



肝芽腫の会

希少疾患である肝芽腫の子をもつ家族のための「灯り取りの窓」になろうと、2003年に設立された患者会です。

病気や治療についての確かな情報を発信・共有するために、年3回の交流会を中心に活動しています。いつでもご連絡ください。


チェコセンター東京

チェコセンターは、世界26都市で、チェコの文化を世界中に広める活動をしているチェコ外務省の外郭団体です。チェコの小児がん治療現場で生まれた、小児がん患者たちの姿を写した写真展「MY NEW LIFE」をご紹介します。


小児がん家族の会 

クローバーの会

院内家族会 クローバーの会です。

同じ病院で治療を受けるご家族でつながりを持ちたい。そしてみんながほっと一息つけるような時間を一緒に過ごしたいと、交流会(現在はオンライン)を中心に活動しています。


神奈川健康財団

(公財)かながわ健康財団は神奈川県民の皆様のため、がん知識の普及啓発、がん患者さんの支援等のがん対策のほか、臓器移植の推進、健康づくり実践活動を県内各地で行っています。皆様の健康を広くサポートしています!



Amazon

Amazonは、毎年、小児がんの子どもたちとご家族が直面する様々な問題に光を当てるための活動である「Amazon Goes Gold」を実施しています。北米、日本、スペイン、ドイツ、英国、フランス、ポーランド、チェコ共和国、オーストラリアなど、世界中のAmazon従業員が一斉に力を合わせて、小児がんと闘う子どもたちとご家族への理解と関心を社会に呼びかけて参ります。


一般社団法人Empower Children

小児がんの子どもたちとその家族へ、金銭的支援や社会的支援をするために小児がん基金のための活動に取り組んでいます。“エンタテインメントは、子どもたちの「生きる力」をつくる。”をテーマに、2019年より、小児がん治療支援チャリティーライヴを開催。小児がんの子どもたちへの支援にご賛同いただいた豪華アーティストが出演致します。病室でも楽しんでいただけるよう、無料・生配信でライヴを開催いたしますので是非ご視聴ください。


フットサルリボン

私たちフットサルリボン活動はフットサルを通じて笑顔を大切にしています。

フットサルはボール1つで色々な人と関わり楽しむことができます。

1人の笑顔をきっかけにどこまでも続く「笑顔の連鎖」を共に作って行きましょう!


キープ・ママ・スマイリング

病気の子どもを育てるご家族を応援しています。小児病棟に2週間以上泊まり込んでいるお母さんたちに食料品や日用品などを詰め合わせた「付き添い生活応援パック」を無償でお届けします。

バナーをクリックし、私たちの公式ウェブサイトからぜひご応募ください!



Run for Kids

こどものために走りたい、誰かのためにチカラをだしたい!“そんな気持ちのランナーとサポーターが集まる “Run for Kids
Yokohama”は、小児がん患者さんにエールを送ります。がんばれ!


Swing for Kids

神奈川県立こども医療センターの職員および患者さんで結成したバンドです。

今回の国際小児がんデーのために収録した動画を是非ご覧ください!


オレンジクラブ

神奈川県立こども医療センターで、350名が47年間に渡り、様々な活動をしているボランティア団体です。病院内で不安や緊張が少しでも和らぐようお手伝いしています。季節の飾り、Zoomお話会を通じて小児がんのおこさん、ご家族に笑顔が届きますように!


有限会社 ボデイーアンドブレイン

「物語」を映像にする会社。 今回、「横浜こどもホスピス-『こどもホスピスを創った父の物語』」 を制作させていただきました。
是非ご覧ください。 



株式会社

タウンニュース社

小児がんの啓発に取り組む人々を取材しています。
地域と人をつなぐメディアとして、紙面やWebサイトで情報発信し、患者さんとご家族をサポートします。


STAND UP !!

STAND UP!!は、39歳までにがんにかかった若いがん患者のための団体です。

「がん患者には夢がある」をスローガンに、がん患者同士の仲間づくりをしています。そんなわたしたちから伝えたいのは「あなたはひとりじゃないよ」というメッセージです。あなたと同じようにがんと闘う仲間は思っている以上にたくさんいます。もし誰かとつながりたくなったら、ぜひ一度遊びに来てください。一緒にがんばりましょう!


アフラック生命保険株式会社

アフラックでは、小児がんの子どもたちを応援するため、My Special Aflac Duck(アヒル型ロボット)を病院にお届けするなど、さまざまな支援活動に取り組んでいます。



小児がんのお子さんやご家族に応援メッセージをお願いします!